記事一覧
  1. 懸念が薄れた株式市場・・・・

    日経平均は、24000円という大きな壁を超えてきています。昨日は、以下のようなこれまで、世界の株式市場で大きな懸念材料であったものが、解決へ動き出していることが大きいようで、日経平均は、約600円上昇して、24000円台...

  2. 大塚家具のことなど・・・

    大塚家具が、ヤマダ電機の傘下に入ることが発表されています。また、ぺんてるが、コクヨの傘下に入ることは、未確定な状況となっています。また、JDIに対して、いちごアセットが、900億円の金融支援を行うことも発表されています。...

  3. 新高値銘柄のチェックなどの日々の作業・・・・

    新高値銘柄のチェックを効率的にやる方法は、私が毎回、受講生のみなさんから頂いた銘柄を分析しているように、ある一銘柄を検討する時間については、通常は10分以上の時間をかけないことです。   もし、面白そうだと思え...

  4. 新高値銘柄チェックの効果・・・・

    投資家が、毎日、新高値銘柄のチェックをしていると、以下のような実践による慣れによって見分けるような効果がでてくるようになります。   1)新高値銘柄の業種的傾向 2)出来高の増加を伴っていない新高値銘柄の傾向 ...

  5. 株式市場に対する感覚・・・・

    これまでに何度か話をしてきたことですが、株式市場への感覚ついて、大切なことは、例えば、「お風呂に入る際に、見た目には、湯気がでて丁度いい湯加減のように思われても、いざお湯につかるとぬるくてとてもはいれない」ような状態であ...

  6. 流れがか変わりつつあるのか・・・・

    アメリカ株の株高などの要素もあり、日本株市場でもクラウド関連銘柄がなどを中心に大きく上がっている銘柄も散見される状況となっていますが、注意が必要な状況となってきています。以下のような不透明な点があり、これがでてくる可能性...

  7. 香港問題・・・・

    香港のデモ過激化から、香港政府による大学などに立てこもるデモ隊の排除まで始まっています。これらのデモ隊は、過激派説もあれば、本当に民主化を求めている学生が行っているという説もあります。   中国(チャイナ)にと...

  8. クラウド関連銘柄・・・

    米国のGAFAの株高などもあり、日本でもクラウド関連銘柄が、大きく上げていくようになりました。過去、ケーススタディレポートでも取り上げたメンバーズ(2130)やアイル(3854)などが注目されます。   メンバ...

  9. 新高値銘柄の傾向・・・・

    投資ファクター別の状況をみています。「過去3カ月」というスパンでみると、株式市場全体が底上げ相場になっていることから、約2年間の下げ相場で、大きく売られていた「造船」「海運業界」や「自動車業界」も、過去3カ月程度でみると...

  10. 新高値銘柄トリドール・・・・

    「トリドール」が新高値をとってきています。この銘柄も高値から、3段下げをして、最近になって、業績が回復基調になったことから、上げてきている銘柄です。個別チャートは、講義で紹介しているチャートパターン(3段下げ後の新高値更...

  11. 新高値銘柄群・・・

    クラウド関連の銘柄が大きく上げるようになってきています。その典型が、福井コンピュータHの株価が大きく上げてきています。     先週の当講座でも取り上げた典型的な底値から上げるチャートパターンとなって...

  12. ヤフーとLINEの経営統合・・・・

    「ヤフーとLINEの経営統合が経営統合を検討中」といニュースがありました。日本にもインターネットにかかわる大企業が生まれていくかもしれません。   ヤフー(ZHD)、LINEと楽天と日経平均の週足比較 &nbs...

Top